メンタルサポート研究所代表・顧問

カウンセラー・講師

倉成 央 (くらなり ひろし)

博士(学術) 臨床心理士
(株)メンタルサポート研究所代表
長崎大学医学部保健学科客員研究員
山の手クリニック
NPO法人カウンセリングジャパン理事長 社団法人メンタルヘルス協会 理事
九州女子大、放送大学 「心理学」「カウンセリング論」「人格適応論」等授業講師

カウンセラーとして精神科でうつ病患者のカウンセリング、カウンセラーの育成を行う傍ら、企業のメンタルヘルスマネジメント導入・運営のコンサルティングやメンタルヘルス研修、人格適応論を使ったコミュニケーション研修などを行っている。素人にもわかりやすいメンタルヘルス研修として多くの企業から研修依頼も多く、JTB,通信会社、航空会社、NHK、電力会社、県庁や市役所などでも研修を定期的に実施している。また心理カウンセラーとして実施しているカウンセリングは、短期の問題解決を目指す心理療法として人気が高く、今も半年待ちの状態である。現在も大学の研究所で心理療法の研究を行う研究者としての一面も持ち、確かな学問・理論やデータに裏づけられた研修やカウンセリングであるということも高い評価を得る理由であるとも言われている。

昭和38年生まれ、東京都在住。桜美林大学大学院国際学博士課程卒

所属学会:日本心理学会、心理臨床学会、交流分析学会、学校メンタルヘルス学会

倉成央

カウンセラー・講師

野口 剛 (のぐち つよし)

【経営コンサルタント】

1986年より総合的なコンサルタント会社に勤務し、卸売業、小売業、製造業、医療業、サービス業など数多くのコンサルティング活動を経て、1989年より、「経営戦略」「人材育成」「病院収益改善」「商店街活性化」といった題材を主にセミナー回数1000回を超える。

桜美林大学にて起業を目指す学生や社会人向けに「実践起業塾」を担当した実績を持つ。株式会社人財育成サポート取締役。

中谷 晃 (なかたに あきら)

【精神科医】

患者の心の病と真剣に向き合い、約10年前より、対処療法より本当の治療を目指して、再決断療法の理論を使ったセラピーを自らのクリニックで実践している。

いつも患者がどうしたら楽になるかを考える心優しい医師。長崎大学医学部卒。山の手クリニック院長。

沼田 光生 (ぬまた みつお)

【脳神経外科医】

大阪大学医学部付属病院特殊救急部、阪和記念病院脳神経外科を経て、現在、山口県周南市の(医)仁徳会周南病院理事長および海風(うみかぜ)診療所院長。

がんをはじめとする生活習慣病、慢性疾患の原因治療を目指す。e‐クリニックスタッフ医師。

NPO法人日本プライマリーケア推進協会理事、NPO法人日本がん学校副理事。